傷跡の心配を解消|ワキガの根治治療を行なう|悩めるコンプレックスを解消

ワキガの根治治療を行なう|悩めるコンプレックスを解消

傷跡の心配を解消

脇

ワキガというのは、専門の医療機関で手術を受けることによって治療することが可能です。専門の医療機関で受けられる手術の一つに、剪除法と呼ばれるものがあります。剪除法というのは、ワキのシワに沿って4cm程切開を行ない、ワキガの原因となるアポクリン腺を目視しながら切除していくといった外科的治療法です。原因を根本から取り除くため、再発率が低いといった特徴があります。また、保険適応で治療を受けることができるため、その他のワキガ治療に比べて治療費が安価であるといった点も特徴的でしょう。剪除法はワキガに悩む人にとって嬉しい治療法ではありますが、女性にとってはハードルの高い治療法かと思います。

ワキガで悩む女性の多くは、剪除法を受けることによって自身の身体に傷が残るのではないかと不安を抱えているかと思います。確かに、剪除法は手術により皮膚の切開を行なうため、傷が残ります。しかし、その傷跡の大きさというのは、4cm以内と小さなものです。場所もワキの下のため、目立つことは無いでしょう。実際に剪除法を受けた女性の多くも、思ったよりも傷跡が小さく安心したという感想を残しています。しかし、不安を抱えた状態で手術を受けるのは良くありませんので、担当医に相談し、不安を取り除いてもらった上で手術を受けることをお勧めします。場合によっては、他の方法を提案してもらえるかもしれません。他の治療法というのは、超音波等で皮膚の外からアポクリン腺を破壊する方法等です。そういった方法であれば切開を行なう必要がなく、傷跡を心配する必要ありません。ただ、超音波による治療は保険適応外となる他、目視しながら確実にアポクリン腺を破壊できる訳ではないので、再発する可能性があるので注意が必要です。