自分のあった方法を選ぶ|ワキガの根治治療を行なう|悩めるコンプレックスを解消

ワキガの根治治療を行なう|悩めるコンプレックスを解消

自分のあった方法を選ぶ

医者

ワキガの治療法には、剪除法のような手術を必要とする方法の他にも様々な方法があるのです。例えば、超音波を皮膚表面から照射し、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を破壊するといった治療法が存在します。その治療法は時間もかからず、傷も残らないといった特徴があり、ワキガで悩む多くの人から注目されている治療法されています。メリットの多い方法ではありますが、デメリットも存在するのです。そのデメリットというのは、再発リスクです。ワキガというのは、その原因となるアポクリン腺を全て破壊することで治すことができます。つまり、少しでもアポクリン腺が残ってしまうと、再発するということなのです。超音波による破壊だと、全てのアポクリン腺を破壊できたかどうか確認することができないため、再発リスクが高くなってしまうのです。

ワキガを治そうと考える時には、傷跡が残るかどうか、再発リスクが低いかどうか、自身が納得して受けられる方法を選ぶ必要があります。もし、再発リスクを回避して確実に治したいのであれば、剪除法を選びましょう。剪除法であれば、小さな傷跡は残ってしまいますが、保険適応で費用を抑えることが可能です。超音波によるアポクリン腺の破壊を選んだ場合、保険適応外になる他、再発リスクもありますが傷跡は残りません。専門医に相談することによって、それぞれの方法についてのメリット・デメリットに関して詳しく説明してもらうこともできるでしょう。様々な情報を取り入れて、決断することが大切です。